あなたは日本にも闘牛がいる
ことをご存知でしょうか?

 

知ってる見たことがある!という方もいれば
そんなの聞いたことない、という方もいます。

 

さらに
「あんな残酷なもの見るに耐えない!」

とスペインの闘牛をイメージされるのであれば
抗議される方もいらっしゃると思います。

 

どちらも同じ闘牛と呼ばれますが
スペインと日本ではまったく違います。

 

何が違うのかというと
・歴史
・ルール
・牛の品種

 

など、違うところはありますが、
ただ共通している点もあります。

 

それはどちらも歴史が古く、
現在に至るまで伝統儀式として継承
されているというところです。

 

そしてもう一つ。

 

どちらもオス牛
これは絶対に欠かせません。

 

闘牛がオス牛である理由には
その生まれ持った本能にある

 

縄張り争いや、優劣の順位に対して
敏感なところが向いているからです。

 

最強のオス牛たちが
闘争心をむき出しにしてぶつかり合う
荒々しい姿には圧倒されます。

 

ではいったい闘牛とは
どのようなもので

 

見どころは何なのか?

 

など、スペインと日本の
闘牛についてまとめてみました。

闘牛はスペインと日本でルールが違う

まず知っておくべきことに
スペインと日本では
”闘う相手が違う”ということ。

 

スペインでは「牛」 対「 人間」
なのに対して、日本では「牛」と「牛」
が勝負します。

 

【スペイン】では
マタドールと呼ばれる

闘牛士が赤いマントをヒラヒラさせて
牛を挑発する光景をテレビやインターネットで
見たことがある方は多いのではないでしょうか。

 

それに反応した闘牛が、ものすごい勢いで
突進してくる光景は迫力満点。

 

牛は赤色を見ると興奮する、と思われていますが
色の違いを識別できないため揺れ動く旗を見て
反応していると言われています。

 

なので、闘牛士が赤い旗を使ったり、
キンキラの派手な服装を着ているのは
観客を盛り上げて熱狂させるためでもあるんです。

 

【日本】では
平安時代から闘牛らしきものが
行われていました。

 

昔は役牛として農耕用や荷運びとして
牛が飼われていましたがオス牛が集まると

 

その中でリーダーを決めようと
ツノを突きあって優劣を競い始めます。

 

一歩も引かずに1番強かったものが
群れの先頭に立つことになります。

 

この牛たちの自然な行動が
人々の見世物として闘牛という
催しに変化していったようです。

島根県 隠岐の島では配流にされた第82代
天皇(後鳥羽天皇)を楽しませるための
娯楽として闘牛が始まったとされています。

 

隠岐島以外にも全国に6箇所
闘牛が盛んな地域があります。

 

闘牛の開催場所

・岩手県 久慈市
・新潟県 二十村郷
・島根県 隠岐の島町
・愛媛県 宇和島市
・鹿児島県 徳之島
・沖縄県 沖縄本島

 

「え、こんなにあるの!?」と

 

知らない方なら驚かれたことと思います。

 

今も伝統そのままに継承している
地域が多く神聖な儀式や見世物として
執り行われています。

 

闘牛は厳選されたトップアスリート

スペインと日本ではどちらも
闘牛として選ばれた牛たちは
強者のアスリートが集まっています。

 

トラックがぶつかる時と同じくらい
衝撃があると言われるほど、牛の巨体は
大きくて頑丈です。

 

まともにぶつかれば
怪我だけでは済まないかもしれません。

 

【スペイン】では

牛と人間とが命がけでおこなうため
闘牛(トロ)を華麗にあやつる
闘牛士(マタドール)は
観客からするとヒーローに値します。

 

会場では大声援で迎えらます。

スペイン闘牛

スペイン以外でもフランス南部や
ポルトガルでも、一部の地域で
現在も観戦することができますが、

 

近年は開催できる場所は
限りなく少なくなってきました。

 

闘牛場の数が減少した理由として、
国民的スポーツの人気がサッカーに移り
昔ほど興味をなくしてしまったことや、

 

闘牛を絶命させるまで
終わらないルールにあります。

 

徐々に弱らせながら生き絶える様子が
動物愛護の観点から廃止する地域が
増えたことが決定的な要因と言われています。

 

同じ闘牛でも

【日本】では

牛と牛とのぶつかり合い。
地域によっては「牛突き」や
「牛相撲」と呼ばれています。

 

相手の気迫に押されてしまったり
背を向けて逃げ出したほうが負けとなります。

 

牛たちに勝敗をつける場所があるなか、
岩手や新潟では、あえて引き分けにして
試合を終わらせています。

なぜ、引き分けにするのかというと
祭事での取り組みという意味合いのほか

 

一度負けてしまった闘牛の中には
恐怖心がついてしまい、二度と土俵を
踏めなくなるものもいるそうです。

 

若いオス牛が闘牛としてデビュー
するには早くて2年から3年近くはかかります。

 

訓練を積ませて長く活躍して
もらいながら伝統儀式として
闘牛を継承する必要があります。

 

そのために

 

闘牛の扱いに慣れている勢子と
呼ばれる地元の生産者たちが
演目を盛り上げながら、

 

あえて勝負がつく
ギリギリのところで
両者を引き離します。

 

とはいってもその闘いぶりは
生半可なものではなく、

 

睨みのきいたド迫力!

 

目を真っ赤にして、興奮が最高潮の
牛同士を引き離すのは熟練した
牛飼いの成せる技なのだと感じます。

真剣勝負を目の前に観客の皆さんも
思わず身を乗り出して応援しています。

 

闘牛の相撲と同じように”番付け”に
よってランキングが決まっています。

 

ランキングの低い「前頭」は
体重300キロくらいの若牛ですが

 

「横綱」にもなると重量1000kg
年齢も10歳越えの闘牛たちが
名を連ねています。

1トンと1トンの闘い

まさに名勝負の連続です。

 

実際にその凄まじい光景を見た感想は
日本国技である相撲と同じくらい、
勝負の裏にある伝統儀式の継承という
神聖なものを感じました。

闘牛はスペインと日本で品種が違う

闘牛に選ばれる雄牛たちは
品種が決まっています。

 

血統の違いによって体格が大きく育つ牛や
負けん気が強い牛など、傾向が分かれます。

 

【スペイン】では

モルーチョ/ムルシアン


参照:畜産ZOO艦

スペイン南部地中海沿岸地方で
育てられている在来種になります。
大型で気性が荒く、立派な角が特徴的。

 

実際に闘牛場に勇ましく登場するのは
体重500kgもある5歳くらいのオス牛です。

 

 

【日本】では

短角和牛や黒毛和牛

闘牛として必要な足腰の強さや
内に秘める闘争心が備わっています。

 

気づいた方もいると思いますが
日本の闘牛は和牛なんです。

 

(一部、ホルスタインなど別種も
交配させているようですが、ほとんどが
短角牛や黒毛和牛です。)

 

私たちに馴染みのある和牛は
霜降りで高級なイメージがありますが

 

闘牛として選ばれたオスたちは
筋肉質で貫禄があります。

 

日本は和牛の最強軍団

現在の畜産業界において母牛から
オスとして生まれた仔牛のほとんどが
去勢してから肉用牛として飼育されています。

 

オスのまま飼育するには、気性が荒く
繁殖期には手がつけられないほど
危険な場合もあるからです。

 

女性の生産者でも扱いやすいメス牛や
オスでも去勢牛の方が、性格が穏やかで
育てやすいのと、脂肪が乗りやすいために
そうしています。

 

男性がこれを聞くと何とも過酷な話だと
思われるかもしれませんが、オス牛の
たどる道は3つあります。

 

1>血統の良いものは種牛となる。
2>体格や角の形状が良いものは闘牛となる
3>その他は去勢して肉用牛となる。

 

割合にすると
0.1%:0.1%:99.8%

 

本当にごくごく少ない頭数だけが
種牛や闘牛として育てられていることが
わかると思います。

 

選ばれた闘牛は各地で
横綱を目指してトレーニングを積んで
強く成長していくのです。

 

和牛の中でも最強と言われているのは
東北で多く生産されている短角和牛です。

その昔、塩を背負って山々を歩き通した頑丈な
体格と不屈の精神力が現在にも引き継がれ
全国にいる多くの闘牛ファンから支持されています。

岩手県久慈市では若牛のお披露目会が
定期的に開催され、素質のある牛たちが
はるばる、沖縄にまで引き取られて行くほどです。

 

闘牛肉はパワー食材!

【スペイン】では

素晴らしい演技をした
闘牛士(マタドール)には称号として

 

闘牛(トロ)の耳が与えられます。立派に闘った
牛の角は剥製のお土産品としても売られています。

 

そのほかの肉の部分も無駄にすることはなく、

 

闘牛場には解体場が併設されていて
近くのレストランや市場で提供されています。

 

マドリードのラス・ベンタス闘牛場の
すぐ側にあるレストランでは

 

午後7時から始まった闘牛の演目が
2時間ほどで終わる頃には店内は大盛況。

 

まだ興奮の続いている闘牛観戦に来た
人々でいっぱいになります。

そこでは闘牛肉のテール(尾)を煮込んだ
濃厚な一皿が名物料理として親しまれています。

 

その他にも、スペインナバーラ州では
7月に牛たちが街中に放たれる「牛追い」
というお祭りがあります。

 

この催事ごとに登場するのも闘牛の
オス牛たちです。

 

猛進してくる牛の目前を大勢の人が全力で走る
という、日本では考えられない伝統儀式。

 

毎年けが人が出るほど危険な祭事ごとにも
かかわらず、大勢の人が集まってきます。

 

7月に出場するための闘牛たちが
現地でたくさん育てられていますが、

 

そのオス牛たちもシーズン以外になると
地元のレストランで提供されています。

 

闘牛はたくましい体格からも想像できる
ように肉質がしっかりしているため
現地では煮込み料理が定番のようです。

闘牛は味も最強と言われるのは本当?

 

じつは【日本】でも・・・

こっそり流通されているのを
知っている方はまだほとんどいません。

 

あなたは食べたことありますか?

 

すでに「食べたことがある!」という方は
かなりの”通”かと思われます。

 

闘牛を観戦した後に牛を食べるのを
想像すると残酷と思われるかもしれません。

 

ですが、

 

競馬の馬主のように闘牛にも
それぞれ牛主さんたちがいて特別な
思いを持って育てられている牛たちです。

 

通常は2年ほどで肉用牛となり一般に
出回っている牛たちがほとんどの中、

 

闘牛は基本的には善戦している限りは
寿命である10〜15歳まで活躍するものもいます。

 

ですが、怪我や負けが続いたり
いろいろな理由で引退していく闘牛は
廃牛せざるおえなくなります。

 

今までの敬意と感謝を込めて
加工して地元の人たちに配られたり、

 

競り場へ運ばれて、料理人たちの元へ
流通されていきます。

 

闘牛のステーキを食べてみた

先日、闘牛ステーキを食べる機会があり
東京の赤坂にあるステーキレストランに
行ってきました。

 

闘牛肉はサーロインなのに見るからに
脂身が少なく赤身主体です。

 

“和牛”と聞くとつい、霜降りで柔らかく
とろけるお肉を想像してしまいますが

 

まさに鍛え抜かれたアスリートの肉質です。

 

一般に出回っている和牛や国産牛の
ステーキ肉はすべてメス牛か去勢牛なので

 

ステーキマイスターである私も
完全なオスの和牛肉を見るのは
これが初めてになります。

 

さらにはトップ0.1%に選ばれて
鍛えられた闘牛ステーキ!ともなると
フツフツとパワーが込み上げてきます。

口に入れた瞬間
「オ、オイシイ・・・」

 

肉本来の旨味が口の中にあふれ出します。

 

伝統儀式を受け継ぐ
地域の人々が育てる闘牛には、

 

ガツン!と魂のこもった
熱い味わいがありました。