ステーキマイスター北川です、

 

あなたはこの事実を知っていますか?

 

牛1頭から取れるお肉の味が
全て同じではありません。

 

『そんなバカな!』

『だって同じ牛だから同じ味なんじゃないの?』

 

と思う方がいると思うので
先に言っておくと。

 

同じ牛から取れるお肉でも
実は部位によって全く肉の味
変わるんです。

 

魚も同じですよね。

 

同じマグロでも
“尾っぽ”の部分と“中とろ”や“カマ”の部分では
同じマグロでも味って違いますよね。

 

牛も同じです。

 

部位によって味が全く異なります。

 

この記事では
「ステーキ好きが隠しておきたい、
見たら猛烈に食べたいお肉の部位」
について暴露したいと思います。

 

もし、この記事をご覧の
ステーキ好きの方がいらっしゃったら
真っ赤になって怒るかもしれません。

 

なので、あなたはコッソリ読んでみてください。

 

ステーキ好きは肉の部位ごとで猛烈に楽しみたい

ステーキ好きの中で人気のある部位
ヒレ肉やサーロイン、リブロースがあります。

 

この人気部位の中で一度に2つの部位が
食べることができる幻のカットがあります。

 

そうです。

 

Tボーンステーキです。

 

Tボーンステーキは文字の通り、「骨がTの文字」
の形に似ていることからこの名前がついています。

このステーキの大きな特徴は
ステーキの人気部位が一度に
食べることができることです。

 

ヒレ肉(フィレ肉)とサーロイン
二つの味が同時に楽しむことができます。

 

確かに人気がある部位ですし
ステーキ好きにとっては夢のような
贅沢なカットの方法です。

 

Tボーンステーキを食べればわかりますが
確かに美味しいとは思いますが
肉の味の差をあまり感じません。

 

そう。。。

 

お肉の部位が近すぎるんです。

 

ヒレ肉(フィレ肉)の良さは肉の味わいより
お肉の“柔らかさ”を味わうためのステーキです。

 

サーロインは脂の香ばしい香りが肉に移って
噛むごとに柔らかさを堪能できる…

ステーキ

そんな部位です。

 

どちらも柔らかい部位であることは
変わりませんね。

 

本当のステーキ好きは
実はこの鉄板で人気の部位ではなく
別の部位を食べたいと思っています。

 

その秘密はこの先で説明しますので
このまま読み進めてくださいね。

 

ステーキの人気部位は肉の味が分かりづらい

ステーキとして高い人気の誇る
ヒレ(フィレ)肉、サーロイン、リブロースは
肉の味わいを楽しむというよりも
肉の柔らかさを味わうための部位です。

 

噛みしめるステーキに慣れていない方から
は不動の人気です。

 

しかし、ステーキ好きのマニア
違います。

 

これらの部位も好きなのですが
別の部位も試したいと思っています。

 

例えば
最近人気の部位「ミスジ」がそうです。

 

実は、元々はお肉屋さんではあまり
高級な部位として扱われていませんでした。

 

しかし、近年の「ステーキブーム」や
「焼肉ブーム」というお肉を楽しく食すこと
に人気が集まり…

 

人気の部位とは異なる部位に
注目が集まっています。

 

1頭からわずか3キロ程度しか取れない
と言われとても「希少な部位」です。

 

この他にも、今まで注目されなかった部位に
まで脚光が浴びています。

 

元々は大きな部位を“細分化”して
名前をつけています。

 

一例を挙げると

ザブトン:
前肩ロースから取れる希少な部位です。

 

ミスジ:
肩(ウデ)から取れます。

 

肩三角:
ウデ肉の一部が栗に似ていることから
この名前がついています。

 

リブかぶり:
リブロースの芯を覆っている
歯ごたえのあるお肉です。

 

シンシン:
内もも肉の中でもさらに内側にある
中心部分のお肉です。

 

・・・・など

 

挙げるとキリがないくらい
細かく細分化されています。

 

ステーキにするなら「この部位がいい!」
のような話もありますが…

 

希少すぎてステーキとして十分な量が
取れないことが多いので、
これといった味わいを
感じずらいかもしれません。

 

焼肉でしたらいいのかもしれませんが
「肉をダイナミックに味わいたい!」
のでしたらもう少し大きな部位での
ステーキのほうがいいかもしれません。

 

ステーキ好きが食べたい部位はコレ!

ランプ肉


ランプ肉とは腰からお尻
もも肉にかけて部分のお肉です。

 

ランプ肉の特徴は脂のキツさも少なく
お肉の味がくっきりと出ています。

 

お肉のクセはあまりないので
ステーキとして食べるならば
最高の部位です。

しかし、問題があります。

 

ランプステーキを置いてある
お店が少なすぎることと。

 

ランプ肉は焼き方の難易度も高いため
お肉に対しての火の入れ方が上手か下手かで
ステーキの味わいが大きく左右されて
しまいます。

 

でも。

 

上手にランプステーキを焼くことができたら…

 

あなたはもうこのステーキなし
では生きていけないくらい。

 

極上の旨さに酔いしれることになります。

 

ランプ肉は肉の繊維も細いですし
何よりも噛むごとに味わいがあります。

 

かといって、決して
お肉が硬いわけではありません。

 

特に和牛肉の内部には
うっすらとサシが入っています。

 

このサシ(脂)が加熱をすると
ジュワーッと溶け出してランプ肉に香りと
肉に弾力を持たせてくれます。

 

同じ牛の部位である霜降りサーロインや
リブロースではこの味と同じ味わいには
なりません。

 

それと。

 

ランプ肉にくっついている部位で
イチボ肉があります。

 

イチボ肉もお尻の下部にあるお肉ですが
ランプ肉とは異なる食感です。

 

和牛のランプ肉は脂身がジューシーですが
イチボ肉は赤身肉といった感じです。

 

旨みもあるのでよく噛むごとに味わいたい
「赤身肉」として人気があります。

 

こちらもランプ肉と並んでステーキにして
美味しい部位です。

 

ただ、残念なことにランプ肉やイチボ肉を
ステーキとしてメニューを置いているお店が
とても少ないように感じます。

 

ぜひ、この記事をご覧のお店をしている方。
あなたのお店に是非とも置いてください!

 

自宅でも食べれるように
ランプ肉のステーキカットがあると
いいですよね。

 

もも肉

近年の「赤身肉ブーム」の中で
一気に需要が高まってきている部位です。

 

実はもも肉といっても
様々部位に分かれています。

 

特に牛のもも肉はとても大きいです。

 

もも肉は、「シンタマ、外もも、内もも」
と大きく分けて3つに分かれています。

 

この中で最もステーキ肉として美味しい部位は
“シンタマ”または“内もも肉”です。

 

外もも肉もステーキにできないことはないですが
かなり歯ごたえがしっかりしているので
慣れた方でないと食べるのに苦労しそうです。

 

内ももの中でも特に柔らかい部位を
ステーキとして食べると…

 

他の部位の味わいが物足りなく
感じるほどです。

さらに、もも肉は赤身肉になりやすいので
赤身肉ダイエットをしている方にも
人気のある部位です。

 

ステーキ好きの店選びは部位ごとのステーキがあるかで決まる

ステーキが本当に好きな方は
前にも書きましたが部位ごとのステーキ
好みます。

 

かといって、焼肉のようにたくさん
食べれるはずもないのですが気に入った部位が
置いてあるお店を見つけると足しげく
通っているようです。

 

この記事をご覧になって
ステーキに対して未来を感じているならば、ぜひ
他のお店には置いていない部位のステーキ
置いてみてください。

 

私がよくお世話になっている方が
熊本県にいらっしゃいます。

そこのお店で提供してくれている
ステーキの部位で一番好きな部位は
「スネ肉」です。

 

『え!!スネ肉!?
硬くてステーキにならないんじゃないの?』

という意見も分かります。

 

でも、このお店は他にも
ヒレ肉、サーロイン、リブロース、マル、モモなど
の部位ごとのステーキがあります。

 

そこの方もおっしゃっていますが
スネ肉のステーキがとても人気のようです。

 

あ、ちなみにここのお店のお肉は
和牛肉ですが「黒毛和牛」のスネ肉ステーキ
ではありません。

 

赤毛和牛(あか牛)のスネ肉のステーキ
提供しています。

 

まとめ


いかがでしたか?

いわゆるステーキ3大人気部位も
鉄板の美味しさがありますが
本当のステーキ好きには
別の部位のステーキのほうが好きな方が
多いようです。

 

焼肉のように一つの部位を
細分化できないにせよ。

 

ステーキだから味わうことができる
ダイナミックな部分。

 

肉の塊を食べている感。

 

あと、忘れてならないことが
ステーキの贅沢感です。

 

ステーキを食べて
みんな幸せになったらたいいですね。