旨いステーキ=ニンニク

あなたはステーキを食べるとき
ニンニクを合わせて食べたいと思って
いますか?

お店でステーキを注文すると
必ずと言っていいほどニンニク
を使った料理が
メニューにあります。

それも高確率で人気料理です。

ニンニクの風味が抜群に効いている
ステーキや、バターにニンニクを
混ぜ込んだ合わせバターを添えた
ステーキなど、

ニンニクは様々な形でステーキという料理
を楽しませてくれる万能の調味料です。

なぜ、ステーキには必ずと言っていいほど、
ニンニクを合わせて味わいたいと思って
しまうのでしょうか?

そして・・・

もう一つステーキを愛するあなたに
お聞きしたいのですが。

ステーキを食べるときに、ニンニクの風味
がないとしたら、どのような味付けや食べ方
をあなたは好むでしょうか?

私たちがステーキが大好きな理由は。

香ばしく脂気のあるステーキにニンニクを
合わせて食べることが、ステーキ好き
とっては何よりもゴチソウだと
言えるからです。

このページでは、ニンニクそのものを
味わいたいという方へ向けて、ニンニクの
チップの作り方をご紹介します。

この作り方をマスターすれば、あとは
ステーキを上手に焼くだけで、自宅でも
ニンニク風味のステーキを作ることが
できます。

出来るだけ料理初心者の方にも
分かりやすく説明を心がけますので、
最後までお読みになってください。

いつものステーキをさらにパワーアップ!!

厚切りのステーキを食べると、活力が湧き
パワーがみなぎってきます。

もし、そこにニンニクをベースにした
何らかの調味料があったらどうですか?

そうです。

パワーが2倍以上になります。

でも、問題があります。

いくらニンニクが体には良い、
パワーが出る、と言われても。

あの独特な香りが体に纏わりつき
過ぎてしまうと思い切って、
ニンニクとステーキを一緒に食べることに
対して考えてしまいます。

実はニンニクという食材は、調理の方法次第
で香りを和らげることができます。

その一つの調理方法が油で揚げた
「ニンニクチップ」です。

「ニンニクチップくらい、
私でも簡単にできそう!!」

・・・・

それ本当ですか?

一度でも作った方があるなら、ご存知だと
思いますが、ニンニクチップを上手に
作ろうと思っても中々思い通りに
ニンニクチップが作れません。

揚げムラができますし、ゆっくりと
揚げようとしても適切な揚げる温度が
解らないため火力を強めてしまいます。

そうするとニンニクが焦げてしまい、
焦げ臭いニンニクチップになります。

焦げ臭いニンニクほど嫌な香りは
ありません。

身体中に嫌な匂いがつきますし、
全てが台無しになります。

でもご安心ください。

後述している作り方をじっくりお読みになり
その通りに実行すれば誰でも簡単に
ニンニクチップを作ることができます。

失敗しないニンニクチップの作り方

ニンニクを準備します。

できれば「国内産のニンニク」
使いたいところですが
予算次第で中国産や韓国産のニンニクも
検討してみてください。

ニンニクチップは、どの産地のニンニクでも
美味しく作ることができますが
一つだけ大事なことがあります。

それは
ニンニク片の“大きさ”です。

詳しくは後述しますが、ニンニクチップを
作る際。

大きい片だけを使う方が誰でもキレイな
チップにすることができます。

小さいニンニクも使わなければ
“モッタイナイ”と思って、
小さいニンニク片を使うと・・

チップにした時にゴミみたいな
大きさのチップが出来上がります。

なので、出来るだけ大きな
ニンニク片が多いニンニクを
選んでください。

1)ニンニクをスライスする

スライスの方法は2通りあります。

一つは、ニンニクの「繊維に沿って縦」
にスライスする方法です。

この方法の良いところは
大きさを均一に仕上げることが
できるところです。

ただし気をつけなければならないことがある
とすれば、ニンニクの芽も一緒に
スライスしてしまいやすくなります。

スライスしている時
ニンニクの芽をスライスしないようにする
注意が必要です。

もう一つの方法は、
ニンニクの「繊維を断ち切る切り方」です。

この切り方をすると「ニンニクチップ」が
小さく仕上がります。

ただし、「ニンニク臭」という面に
おいて香りが穏やかになります。

理由は繊維を切っているので
にんにくの汁が油の中に入り
独特な香りが移っていくからです。

どちらの方法でもいいと思いますが、
今回は初心者の方でも失敗をしないように
繊維に沿ってスライスする方法で
ニンニクチップを作ります。

スライスはできれば「スライサー」があると
キレイに切ることができます。

できなければ、包丁で切ることになります。

その際は指を切らないように注意してください。

2)水から茹でる

スライスしたニンニクは鍋に水を入れて、
一度沸騰させてザルで水気を切って
おきます。

スライスしたニンニクをそのまま。

油で揚げてもチップはできますが、
揚げムラができたり、ニンニクが
焦げすぎてしまいやすくなるので
あまりオススメはできません。

それに一度ニンニクを湯がくことで
ツーンとくるようなニンニク臭を
和らげることにもなるので、あとでステーキ
に合わせた時にお肉の風味を損なわずに
美味しく食べることができます。

茹でる時にこれは注意して欲しいのですが
必ず水から茹でてください。

水から茹でることでニンニク臭を
少し抜くことになります。

この作業をお湯で行なってしまうと
ニンニクが茹で上がって
バラバラになってしまいます。

3)油を用意して揚げていく

用意する油は一般的にはサラダ油が
いいでしょう。しかし。

前述したようにニンニクを揚げると、
副産物としてニンニクオイルも出来上がる
ことになるので、
(ニンニクを揚げる量にもよります。)

その後の油をどのように使うのかで
オリーブオイルやグレープシードオイルなど
で代用しても良いでしょう。

揚げる際に必ず気をつけて
欲しいことがあります。

高温で揚げないことです。

高温の油で揚げるとニンニクの水分が
蒸発しないまま周りが焦げてきます。

他のニンニク料理すべてに言えることですが
美味しくニンニクを食す最大のポイントは
絶対に焦がさないことです。

焦げたニンニクほど
不快な臭いはありません。

すべての料理を台無しにします。

消化に悪く体も壊します。

このように焦げたニンニクを食べても
いいことは一つもありません。

油の温度ですが、ベストは160℃くらいから
始まり185℃くらいで、ニンニクが揚がって
いくくらいの温度帯がいいです。

この温度帯で揚げると、揚げたニンニクも
焦げないで済みますし、何よりも失敗が劇的
に少なくなるので、オススメです。

もちろん、揚げ終わった油をドレッシングや
パスタのソースなどに流用してもいいと
思います。

揚げ油の温度は200℃は
絶対に超えないようにしてください。

揚げ終わりの色は少しだけ色が付いている
状態がベストです。

揚げ終わっても余熱で色がついていくので、
思ったよりも手前で油を切った方がいいでしょう。

4)余分な油を切る

揚げ終わったら、脂取り紙や
キッチンペーパーなどに載せて、
余分な油を切ります。

5)焼き上げたステーキ肉に添える

焼き上げたステーキに、香り高く揚げたニンニクを
たっぷり添えて出来上がりです。

和風にしたければ、
醤油ベースのソースがいいでしょう。

洋風ならば、バルサミコソースや
薄めのデミグラスソースなどと合わせると
美味しく食べることができます。

ぜひチャレンジしてみてください!