極上ステーキを最高の状態で味わいたいとき、絶対に忘れて欲しくないものは塩。

何の塩をどのくらい使うのか?
ステーキを食べるとき、この「塩選び」は、かなり重要になります。

これをお読みの方がもし、自宅でステーキを食べるときにテーブルにある食卓塩を
これでイイや、なんて思って使っていたのなら肉の美味しさの大部分を損してしまっているかもしれません。

せっかくの「ごちそう」を目の前にそれでは非常にもったいないな、と感じてしまいます。

お肉の美味しさを3〜5倍以上に引き上げてくれる塩こそ
ステーキを食べるときには欠かせない存在なんです。

お肉やワイン、産地の野菜等に加えて
案外、見落としがちな調味料にもちょっと贅沢にこだわってみてはいかがでしょうか?

この記事では、お肉を焼く前の下準備に使用する塩ではなく、食べる直前にする”あと塩”について
協会でオススメしているステーキに合う塩をお肉の部位や品種別にご提案しています。

今回はお肉の中でも日本人に一番親しみのある和牛ステーキに合わせるとしたら
いったい何の塩がオススメなのかステーキ協会の観点からお伝えしていきます。

和牛を引き立てる塩選び

世界では岩塩、海塩、湖塩などのあらゆる塩が作られていますが

日本でも、塩だけを専門に揃えて販売しているお店もあるほど、色々な種類の塩が
手軽に手に入るようになりました。

近所にあるお蕎麦屋さんでは、常時8種類もの世界の塩が自由に使えるというサービスがあり
白い結晶のほか、ピンクや緑、灰色などさまざま。毎度、訪れるたびに色々試してテンプラ
そばを食べるのが私の密かな楽しみでもあります。

塩の魅力にハマっているひとりとして少し塩の種類についてお話しすると

岩塩はもともと海だったところが地殻変動で海水が岩に閉じ込められ徐々に結晶化したものになります。
岩塩のなかには数億年以上もの時間をかけてゆっくりと作り出されるものもあるので海の化石とも言える産物です。

鉄分などを取り込むためピンク色になると言われているアンデス地方の岩塩のほか、火山や土地の影響を受けて
成分変化で色や味にも大きく違いのある岩塩は、多くの場合において海塩よりも口に入れた瞬間に感じる強い塩辛さが特徴です。

世界各地で採れるため塩の中では岩塩が一番多く生産されています。

逆に生産される数が希少な塩は湖塩、初めて聞いた方もいるかもしれません。

湖塩で有名な産地には、カスピ海やウユニ湖(ボリビア)やグレートソル湖(アメリカ)ですが
海塩が岩塩になる途中の状態を指します。

波もない静かな水面に人が、プカプカと浮きながら本を読んでいる・・・という
映像を見たことはありませんか?

アラビア半島にある死海と呼ばれる湖からも湖塩が採れます。この場所は河川の排出がないため
塩分濃度が高く、浮き輪をつけない状態でも身体が抵抗なく水面に浮き上がることができるのです。

そこから採れるミネラル分の豊富な黒い泥も美容にいいとして、死海の周りにはリゾートホテルが立ち並び
観光地として人気のある場所になっています。

 

そして3つ目

和牛ステーキにオススメしたい海塩をご紹介します。

海塩のなかでも厳選してお薦めしたいのが『ゲランドの塩』

日本でも海塩は作られているのですが和牛にはこのフランス産がよく合います。

同じ海の塩でも日本とフランスでは何が違うのかというと
作り出す工程が違うため口に入れたときに感じる塩味の大きな差。

まず、海に囲まれている日本では昔から海水を原料にしていますが
年間を通して雨量の多い土地柄、天日干しをさせて乾燥による作り方ではなく
濃度の高い海水を集めてから、さらに煮詰めるという方法を使って塩を作り出しています。

試しに、日本の海塩を指にとって舐めてみると最初に塩の辛さを感じることと思います。
そのあとは優しくスッと溶けるようなイメージではないでしょうか。煮詰めて蒸発乾燥させているので
グッと尖った塩の旨みがあります。

一方、フランスの海塩はというと

ブルターニュ地方で作られるゲランドの塩が有名です。
海水を平らな場所に広がる塩田まで引き込み、太陽と自然の風のみ利用してじっくりと蒸発、濃縮させます。

最大1〜2年もかけて作る天然塩はやがてジワジワと塩の結晶が表面に浮かび上がってきます。
最初の結晶が花のように美しいため『フルール・ド・セル』とも言われます。

ブルターニュ地方では2000年以上前から今でも職人(パリュディエ)より手作業で繰り返し塩作りが行われてきました。

機械化が進む中、伝統的なゲランドの塩は不純物が少なく星付きの高級レストランでも愛用されています。

私たちの手元に届くには少し高価に感じるかもしれません。ですが、ぜひ一度お試しいただきたいのが
この塩とシンプルに焼いただけの和牛肉。この2つを合わせて一緒に食べてみてください。

口の中で大粒な塩の結晶がジュワ〜溶け出してくるのがお分りいただけることと思います。

ほかの塩より溶け出すまでに時間がかかるので、後からゆっくり塩の辛さとミネラルの甘みが広がってきます。

日本で育てられる和牛は、肉質が柔らかく熟成をかける必要がないほど
旨味が十分にある分、水っぽくもあります。

なので、ガツンと強い赤身肉と違い、和牛は旨味を感じるまでにわずかに時間差があるため
同じタイミングで混ざり合う相性の良さではゲランドの塩が抜群です。

ステーキを噛んだときの「口の中いっぱいの肉汁」「溶け出す塩」

ぜひ、塩のさじ加減も楽しみながらステーキを美味しく味わってみてくださいね。