自宅の庭先でバーベキューをしたり、簡易的なグリルパンが手に入ったら絶対挑戦してほしいステーキは断然、網焼きステーキです。

しかし、網焼きステーキは慣れるまで火力の調節が難しく、なんとか上手に焼けたとしてもワインを買ってステーキに「合わそう」と買って置いたことを忘れてしまい、醤油ベースのステーキソースをかけて食べる羽目になってしまった。

ワインに合わせたかったのにな…

協会では自宅でステーキ作りに挑戦した方から、このような声をよくお聞きします。

実はステーキ自体の味付けは、シンプルに塩と胡椒を振りかけて焼きますが、合わせるソース次第で週末の食卓や仲間と持ち寄る“ポートラックパーティー”などで全然イメージが変わるものです。

この記事では、「網焼きステーキに合う洋風ソースで迷ったらこれがいい」をオススメするとともに作り方まで教えちゃいます。

参考にして自宅やパーティーなどで披露してください。

 

ワインに合わせたいステーキ

ステーキを食べると醤油ベースでさっぱりとお肉を頬張るのもいいですが、ワインとくに赤ワインに合わせてステーキを食べると、どこの高級レストランにも負けないくらい豪華な食卓になります。

今回ご紹介するソースですが、バターをベースにしたソースです。

ご安心ください。作り置きも可能です。

ある程度まとめて作っておいて冷凍庫に入れておけば、いつでも赤ワインに合わせるソースでステーキを食べることができます。

後述することですが、「合わせるのは網焼きステーキだけじゃなければだめなの?」と聞かれそうなので先にお答えしておくと‥

例えば、サーロインなどステーキの表面積が大きいお肉をステーキにするならば、フライパンで焼くよりも網焼きしたほうが、火が入りすぎてしまう心配もないので焼きやすいです。

網焼きしたステーキの上にバターソースをのせて溶かしながら肉を頬張る。

これがオススメな食べ方です。

どんなバターソースをご紹介するのかというと。

赤ワインバターソース
といいます。

フレンチを覚えたい方必見ですよ!!

赤ワインのエキスだけをエシャロットという西洋野菜に煮詰めながら丁寧に味を染み込ませ、バターで練り上げたものです。

ちなみにこのバターの名前ですが「ブール ド マルシャンドヴァン」といいます。

ブールはフランス語でバターという意味です。

マルシャンドヴァンはワイン商という意味です。

名前そのままですね。

 

作り方

 

まずエシャロットをできるだけ細かくみじん切りにします。

できればこのとき、みじん切りを包丁で叩いてみじん切りにするのではなく、包丁で切るようにみじん切りにしてください。

なぜ、叩いたみじん切りは良くないのかというと、エシャロットは玉ねぎの仲間です。

なので、叩きながらみじん切りにしてしまうと、切っているあなたの目から涙がでることはもちろん。

エシャロットの水分が出てしまい、この次の工程にはいるときに水気がなくなってしまい、香りや甘みを失ってしまいます。

ここでのポイントはエシャロットの甘みとワインの酸味やコクが三位一体になることです。

※エシャロットが手に入らなければ玉ねぎまたはアーリーレッドで代用できます。

 

つぎにフライパンでみじん切りにしたエシャロットをジックリと炒めていきます。

炒めているとき、水分が出ていかないように落し蓋をするとなおいいです。

十分に炒まってきたら…

ここで100%果汁オレンジジュースをいれて少し煮詰めます。

なぜ赤ワインだけでなくオレンジジュースもいれるのかというと、オレンジ特有の香りを赤ワインの中にいれることと、ジュースの甘みと赤ワインが煮詰まることでよりコクを感じるからです。

忘れないでほしいのですが、このバターに合わせる素材はステーキ用の肉です。

肉のパワーに負けないようなコクがソースにも求められていると思ってくださいね。

 

つぎに赤ワインを入れて煮詰めていきます。

赤ワインの銘柄ですが、あまり味が薄くないほうが好ましいです。

この写真ではチリ産のカベルネソーヴィニヨン種のぶどうから作られた赤ワインを使用しています。

カベルネだけでなくメルローやシラーでもいいですし、ブレンドしている赤ワインを用いても大丈夫です。

ただし。飲んでみて濃いと感じられるワインのほうがいいです。

赤ワインをいれて沸騰してきたら弱火にしてジックリ煮詰めていきます。

ここまでギリギリまで煮詰めます。

あとでバターを合わせて、網焼きステーキに合わせていくときに、ここで煮詰め方が甘いと水っぽいステーキになってしまうので注意が必要です。

十分煮詰まったら冷ましておきましょう。

 

 

バターを準備する

バターはできれば有塩バターではなく無塩バターを使用してください。

有塩バターを料理に使うと最後の塩味の調整ができなくなることがあります。
なので、できれば無塩バターを使用してください。

マーガリンで代用もできますが、当協会ではマーガリンで代用はおすすめしません。

バターの脂肪分とマーガリンの脂肪分があまりにも違うことと、味にも大分違いがあるそのような理由からです。

 

バターは室温にもどして練っておきます。

ちょうどポマード状になっているのがベストです。

これらを混ぜていきます。

混ぜていくとき注意してほしいことは温度です。

前述した“エシャロットを煮詰めたもの”が熱い状態でバターに混ぜていくと、バターが全て溶けてしまいます。

できればバターの温度と煮詰めたエシャロットの温度が同じ方が簡単に失敗なく混ぜられます。

混ぜたら、塩、胡椒で味を整えます。

う〜〜ん、美味い!!

と感じたらオッケーです。

このバターをラップで巻いて整形していきます。

 

ラップを使い円柱状にする

ラップを空気が入らないように広げて、そこに赤ワインバターを絞り袋にいれて均一に絞っていきます。

できるだけバターのなかに空気入れないようにするのがポイントです。

ラップを使い上手くまいてクルクルと作業台の上で巻いて、巻き上げたラップが張りのある状態にします。

両端を空気が入らないように、ピンと張っていることを確認してから最後にアルミホイルで巻きます。

この状態で冷蔵庫や冷凍庫に入れて保存をしておきます。

あとは適当に円柱状に切って、熱々の網焼きステーキの上にのせて溶かしながら召し上がってください。

 

 

このソースを熱々に焼き上げた網焼きのステーキ合わせて食べると…

美味しすぎて赤ワインを沢山飲んでしまいそうです。